変わりつつある

ホテルウェディングのブームが過ぎて

1980年頃頃から、ホテルウェディングが増え始めました。そして、1990年代に爆発的なブームになり、ホテルで結婚式をすることが定着しました。しかし、徐々にホテルでの挙式に疑問の声が出始めます。高額な費用が必要な割には自由度が少ない、マニュアル化しすぎているなどが特によく聞かれました。 時代が進むにつれ、結婚式にオリジナリティを入れたいと言う人が増えてきます。そう言う人たちは従来のホテルウェディングではなく、レストランウェディングを選びました。レストランウェディングは自由度が高い、自分たちで作りあげることができると言う点が、多くの人に受け入れられました。また、レストランウェディングでは料理もおいしいです。

自由度が高いところが好評

価値観が多様化していく中で、結婚式のスタイルも色々なものが登場しています。レストランウェディングは、今となってはかなりポピュラーになってきました。自由度が高いと言うところが好評だったのですが、最近はウェディングをビジネスととらえるレストランも多くなっています。ドレスや引き出物が持ち込めず、指定の業者を使わないといけないと言うことも珍しく無くないです。 このまま進むとホテルの二の舞になると考えられますが、迅速に対応するところも出てきています。レストランウェディングが人気になった頃のように、ドレスや引き出物の持込みを自由にするレストランが増えています。こうしたレストランは、今後もたくさん誕生すると考えられます。