理想に合わせて

演出や料理にお金をかける傾向が見られます

結婚式を挙げる場所といえば、専門の結婚式場かホテルの二択というイメージがあったには昔の話です。近年では、ゲストハウスやクルーズ船など、自分たちの理想にあわせてあらゆる選択肢から結婚式場を選ぶのが当たり前になっています。そして、なかでもとくに人気を集めているのがレストランウェディングです。 レストランウェディングとは、その名の通りレストランを会場にした挙式のことです。ホテルや専門の婚礼式場よりも低予算で済むことから、コストにこだわりたいカップルを中心に人気が出ました。しかし、最近ではゲストとの距離が近いとかお料理が美味しいとか、コスト以外の理由で選ぶカップルも増えています。そのため、会場費がリーズナブルでもお料理や演出にこだわることでホテルと変わらない予算のレストランウェディングが増加傾向にあります。

レストランで挙式することができる時代です

レストランウェディングというと、以前は結婚報告パーティーとしての意味合いが強いものだったのです。親族のみで挙式をして知人はレストランで報告するということで、結婚式にかかる一連の費用を抑えることができるためです。しかし、最近では自由度の高さやお料理のおいしさにこだわりたいというカップルも多く、レストランで挙式もしたいという声は増えています。 そのため、レストランウェディングは挙式もまとめて済ませるのがスタンダードになってきています。チャペルを併設していたり神社と提携していたりするレストランが増加傾向にあるのです。お庭があるレストランであれば、お庭を使ってゲストに囲まれながらの人前式を挙げるというカップルもいます。